新blogへ移行します

  • 2010.05.25 Tuesday
  • 23:45
お世話になります。
ニルヴァーナの佐藤です。

気分の問題といいますか、blogを更新するアプリの都合もありまして、下記へ移行します

こちらはもちろんこのまま生かしておきます

今後とも宜しくお願い致します。


新blog

http://enirvana.biz/weblog/





営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?
http://www.eNirvana.biz


穴場で教えたくないんだがな〜

  • 2009.10.17 Saturday
  • 22:20
これね、数年前から行ってるんです。

教えたくないくらい素敵です。

買い物の穴場です。

肉、魚、野菜等

ま、なんでも安くて、見たこと無い商品からプロ仕様の凄いのまでドッサリです

市場です。

な〜〜〜んだ、との声が上がりそうですが、さて、お立ち会い

我が茨城と云いますと、テレビや雑誌で騒がれますのが那珂湊魚市場や大洗周辺でしょうか

魚だけではないんです

肉野菜まであるんです。

茨城は、常陸牛、ローズポーク、奥久慈シャモなど肉だって豊富で、野菜も果物も本州でもかなり上位の生産量を誇るでしょう。

市場は市場でも、素人相手のではなく、プロ御用達の市場で一般人ですが買い物できるんです。

慣れるまでは威勢が良いんで怒られそうな感じでおっかなびっくりですが、慣れればほら!お宝の山です。




北海道の大きなサンマ120円!





と、ま〜水族館より僕は楽しいです(^^;)

僕の友人の黒沢くんもそうですね

ずいぶん引っ張りましたが、水戸公設卸市場です。

朝は8時半前、ホントはもっと早い方が良いかな

ちょっと立ち入りづらいですが、慣れれば楽勝です

広い敷地にいろんな店があるんで楽しいですよ

ちなみに、水戸公設市場は、公設では全国1〜2番の取引高です!

商品の豊富さは推して知るべしです。穴場でっせ〜






営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz



自転車再開

  • 2009.10.16 Friday
  • 20:35

ま、再開などと云いますと大げさですね

数年前に、買った自転車なんですが、店の人に云われてサドルをいっぱいに高くしたところ、云われたように足が伸びきるんで何やら快適な気もするけど足が痛くなるし、なんか不快。

道具も無いしそのまま暑い季節になり乗ることがなくなった・・・

かれこれ3年ほど放置。

車庫に驚くほどホコリまみれになったのを掃除。

この汚れが凄く傷みたいにもなってるし・・・自然現象とは思えない汚れよう

ま、気を取り直してなんんと無く気がついて用意したレンチでサドルを下げた。

「えええ!」

って云うくらい快適な乗り物に・・・

んんだよ〜〜〜

ってな気分ですよね〜

ま、昨今の自転車ブームで自転車はかなり高級品もあふれ私何ぞのはさほどではないけど、でも8万弱。これは僕には大きかったんですよ〜

今なら買えない(^^;)

子供が先だな

で、ま〜ぼちぼち自転車乗りを。

結構自転車は、運動量ありますね。

今でこそ体重にに対して身長が低いですが(太っているのではなく、身長が足りない)、高校時代は、雨でも台風でも雪でも7キロを毎日、連ドラ見て(『はね駒』など)から、遅刻は当然!授業前にすべり込む為、鬼のようにいっそいで自転車で登校していて、さほど抵抗はなかったんですが、だめですね。へこたれる。

あの日に帰りたい♪

ということで、ぼちぼち散歩です


IMG_0078.JPG

iPhoneで撮影


IMG_0080.JPG

iPhoneで撮影 夕暮れの那珂川河川敷です

努力と根性では食えない!

・こんな時代でも、やっぱり営業!

・ゲリラでに新規市場を探すには?

http://www.eNirvana.biz

涙と癒し・・・泣ける話で思いっきり癒して元気だそうよ!

  • 2009.07.12 Sunday
  • 00:59
大変久しぶりで恐縮です

このblogとやらの書き込みの環境がどうにも気にくわない(^^ゞ
で、アチコチ浮気したり実験したけど・・・また舞い戻る

さて、標題である

元々涙腺が弱いのであるが、ここ数年ひどい
年かな?
5月に40の大台であるが、数年ひどい(^^ゞ

些細なドラマでも涙が溢れて子供に「どうしたのどうしたの」と質問されてホトホト困る
泣きながら説明もならない・・・

さて、この涙。
癒し効果と言いますか、精神に優しい効果があるとか。
これは嬉しいお話しである。
大見得着る訳も無いが泣ける!



 まず涙のストレス解消効果です。ストレスとの関係が深い自律神経は、呼吸や血液循環といった体の大切な働きを意思とはかかわりなくコントロールしていて、緊張や興奮を促す交感神経と、リラックスや安静を促す副交感神経があります。泣いて涙が出るという状態は、交感神経が優位な状態から、副交感神経が優位な状態に切り替わることによって起こっています。だから涙を流して泣くときには、ストレス状態が解消され、リラックスした状態になります。逆に、涙をこらえるのは緊張状態を長引かせ、ストレスをためることになって、健康によくないというのです。

   また泣いた後には、脳内ホルモンの一つでモルヒネ様物質として知られる「エンドルフィン」が増加することがわかっています。エンドルフィンには強い鎮静作用があり、適度な運動の後などにはこの物質が増加して、ストレス解消とすっきり感をもたらすことが知られています。泣くとすっきりするのは、こういうわけだったのです。

 泣くときに出る涙には、うつ病と関係があるといわれるマンガンが血液中の30倍も含まれるそうです。これはまだ仮説の段階ですが、血液中のマンガンの量が一定以上になるとうつ病になる危険性が高まり、涙を流してマンガンを体外に排出することで、うつ病を回避できるという説があります。また、ストレスによって分泌され血液中にたまった物質も、涙によって排出されるとか。涙には、体にとって余計なものを排出し、体の働きを正常に整える働きがあるようです。

転載 http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f002/0037.html






1つめは、ホルモン排出作用。
感情の涙には、ストレスを感じると増えるストレスホルモンACTHや
脳内麻薬作用のあるエンドルフィンが含まれています。
これらが涙とともに流れ落ちると、
気分が高まり、辛い気持ちが楽になっていきます。

2つめは、感情の涙を流すこと自体がもたらすストレス解消効果。
涙が流れた瞬間、精神的なプレッシャーから解放され、
同時に、無意識領域に閉じこめていた辛い記憶がふきだすことで、
感情解放(カタルシス)作用がおきるのです。

転載 www.mentally-healthy.com




などと効果はホンモノそうであります。
効果も多岐にわたるようであります

さ〜、何やら先の見えない、下克上で燃したくなるようなご時世です
思いっきり泣きましょう!!

例えばですね・・・

映画です。ホロリはけっこうあるけど号泣は少ないでしょう
僕がお薦めはですね、

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id14716/

「チャンプ」

これはですね、泣けまっせ。ホント号泣。

あとですね、落語。
僕は落語を極めて愛する、世界でも至高の芸であると信ずるものですが、泣けるものも多いのです。

「子別れ」   柳家小三治
「浜野矩随」  三遊亭円楽
「人情八百屋」 立川志らく
「柳田格之進」 古今亭志ん朝

でしょうか
ただ落語は笑わすのがしゅですからねなんですが、ま、泣けます。

で、今回これを書いたのも、とっておきと言いますか泣けるのを見つけたんです。
お馴染み2chで書きこまれたものですが・・・ホント嗚咽を漏らしたくなるような良い話が一杯です。
決して会社など人が要るところでは読まないで下さい





努力と根性では食えない!
・こんな時代でも、やっぱり営業!
・ゲリラでに新規市場を探すには?

http://www.eNirvana.biz





泣ける話




俺、小さい頃に母親を亡くしてるんだ。

それで中学生の頃、恥ずかしいくらいにグレた。
親父の留守中、家に金が無いかタンスの中を探しているとビデオテープがあったんだ。
俺、親父のエロビデオとかかな?なんて思って見てみた。
そしたら・・・
病室のベットの上にお母さんがうつってた。
『〇〇ちゃん二十歳のお誕生日おめでと。なにも買ってあげれなくてゴメンね。
お母さんがいなくても、〇〇ちゃんは強い子になってるでしょうね。
今頃、大学生になってるのかな?もしかして結婚してたりしてね・・・』
10分くらいのビデオテープだった。

俺、泣いた、本気で泣いた。
次ぎの瞬間、親父の髭剃りでパンチパーマ全部剃った。
みんなにバカにされるくらい勉強した。
俺が一浪だけどマーチに合格した時、
親父、まるで俺が東大にでも受かったかのように泣きながら親戚に電話してた。

そんで、二十歳の誕生日に、案の定、親父が俺にテープを渡してきた。
また、よく見てみたら。
ビデオを撮ってる親父の泣き声が聞こえてた。
お母さんは、笑いながら『情けないわねぇ』なんて言ってるんだ。
俺また泣いちゃったよ。
父親も辛かったんだろうな、
親父にそのこと言ったら、知らねーよなんて言ってたけど、
就職決まった時、
親父が『これでお母さんに怒られなくて済むよ』なんていってた。

俺このビデオテープがあったからまっとうに生きられてる。


5 : 2008/07/04(金) 02:55:18.99 ID:0J3xzDO40


京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、 認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。
母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。
カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、06年1月31日に心中を決意した。

最後の親孝行に片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、
2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が「すまんな」と謝ると、母は
「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。

この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、自分も包丁で首を切って自殺を図った。
冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。
肩を震わせ、眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。
裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
殺害時の2人のやりとりや、「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。





7 :2009/05/09(土) 19:46:24.65 ID:UyLh67iz0

小1の秋に母親が男作って家を出ていき、俺は親父の飯で育てられた。
当時は親父の下手くそな料理が嫌でたまらず、また母親が突然いなくなった寂しさもあいまって、
俺は飯のたびに癇癪をおこして大泣きしたり、喚いたり、
ひどい時には焦げた卵焼きを親父に投げつけたりなんて事もあった。
翌年、小2の春にあった遠足の弁当もやっぱり親父の手作り。
俺は嫌でたまらず、一口も食べずにちょっとずつわけてもらったおかずと、
持っていたお菓子のみで腹を満たした。
弁当の中身は道に捨ててしまった。
家に帰って、空の弁当箱を親父に渡すと、親父は俺が全部食べたんだと思い、
涙目になりながら俺の頭をぐりぐりと撫で、
「全部食ったか、えらいな!ありがとなあ!」
と本当に嬉しそうな声と顔で言った。
俺は本当の事なんて勿論言えなかった。
でも、その後の家庭訪問の時に、担任の先生が俺が遠足で弁当を捨てていた事を親父に言ったわけ。
親父は相当なショックを受けてて、でも先生が帰った後も俺に対して、怒鳴ったりはせずにただ項垂れていた。

さすがに罪悪感を覚えた俺は、気まずさもあってその夜、早々と布団にもぐりこんだ。
でも、なかなか眠れず、やっぱり親父に謝ろうと思い親父の所に戻ろうとした。
流しの所の電気がついていたので、皿でも洗ってんのかなと思って覗いたら、 
親父が読みすぎたせいか、ボロボロになった料理の本と遠足の時に持ってった弁当箱を見ながら泣いていた。
で、俺はその時ようやく自分がとんでもない事をしたんだって事を自覚した。
でも初めて見る泣いてる親父の姿にびびってしまい、謝ろうにもなかなか踏み出せない。
結局俺はまた布団に戻って、そんで心の中で親父に何回も謝りながら泣いた。
翌朝、弁当の事や今までの事を謝った俺の頭を親父は、またぐりぐりと撫でてくれて、
俺はそれ以来親父の作った飯を残す事は無くなった。

親父は去年死んだ。
病院で息を引き取る間際、悲しいのと寂しいのとで、頭が混乱しつつ涙と鼻水流しながら、
「色々ありがとな、飯もありがとな、卵焼きありがとな、ほうれん草のアレとかすげえ美味かった」
とか何とか言った俺に対し、親父はもう声も出せない状態だったものの、微かに笑いつつ頷いてくれた。



53 :2009/05/09(土) 21:01:07.66 ID:UyLh67iz0

幼い頃に父が亡くなり、母は再婚もせずに俺を育ててくれた。学もなく、技術もなかった
母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。それでも当時住んでいた
土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に暮らしていけた。

娯楽をする余裕なんてなく、日曜日は母の手作りの弁当を持って、近所の河原とかに
遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンとコーラを買ってくれた。

ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。俺は生まれて初めての
プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。

野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは
招待券ではなく優待券だった。チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わ
なければいけないと言われ、帰りの電車賃くらいしか持っていなかった俺たちは、外の
ベンチで弁当を食べて帰った。電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、
母は「母ちゃん、バカでごめんね」と言って涙を少しこぼした。

俺は母につらい思いをさせた貧乏と無学がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を見せて
やることもできた。

そんな母が去年の暮れに亡くなった。死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように
「野球、ごめんね」と言った。俺は「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならなかった。



68 :2009/05/09(土) 21:14:03.17 ID:not5al/80

小学生のとき、少し足し算、引き算の計算や、会話のテンポが少し遅いA君がいた。
でも、絵が上手な子だった。
彼は、よく空の絵を描いた。
抜けるような色遣いには、子供心に驚嘆した。

担任のN先生は算数の時間、解けないと分かっているのに答えをその子に聞く。
冷や汗をかきながら、指を使って、ええと・ええと・と答えを出そうとする姿を周りの子供は笑う。
N先生は答えが出るまで、しつこく何度も言わせた。
私はN先生が大嫌いだった。

クラスもいつしか代わり、私たちが小学6年生になる前、N先生は違う学校へ転任することになったので、
全校集会で先生のお別れ会をやることになった。
生徒代表でお別れの言葉を言う人が必要になった。
先生に一番世話をやかせたのだから、A君が言え、と言い出したお馬鹿さんがいた。
お別れ会で一人立たされて、どもる姿を期待したのだ。

私は、A君の言葉を忘れない。

「ぼくを、普通の子と一緒に勉強させてくれて、ありがとうございました」

A君の感謝の言葉は10分以上にも及ぶ。
水彩絵の具の色の使い方を教えてくれたこと。
放課後つきっきりでそろばんを勉強させてくれたこと。
その間、おしゃべりをする子供はいませんでした。
N先生がぶるぶる震えながら、嗚咽をくいしばる声が、体育館に響いただけでした



81 :2009/05/09(土) 22:12:54.34 ID:XPs6KBNY0

阪神・淡路大地震のあと、阪急電車の復旧を沿線の人々は待ち望んでいた。うちもその一軒。
夜を徹して行われる作業、騒音や振動をこらえてくださいと、電鉄会社の人が頭を下げに来た。
「何を言ってるんだ?我慢するに決まってるじゃないか。それよりも一刻も早い復旧を。」
うちも含めて、沿線の人々はみなそう言って、電鉄会社の人を励ました。

阪急は国の補助も受けず、少しづつ復旧・部分開業していった。
そして最後に残された西宮北口〜夙川間の高架部分の再開によって、
ついに神戸本線は全通した。
再開の日に、もちろん漏れも乗りに行った。神戸で逝った友のもとへ行くために。
運転台の後ろは人だかりだった。みな静かに鉄道の再開の喜びをかみ締めているようすだった。

夙川を渡るそのとき、川の土手に近所の幼稚園の園児たちが立ち並んでいるのが目に飛び込んできた。
手書きの横断幕を持って・・・。

    「あ り が と う  は ん き ゅ う で ん し ゃ」

運転手が普段ならしないはずのそこで敬礼をした。
そして大きく「出発進行!」と声を上げた。
その声は涙声になっていた。漏れも泣けた。

ときよ、上越新幹線よ、もまいを待っている人々がいる。
復興のために、そして人と人をつなぐために、よみがえれ、不死鳥のごとく。



83 :2009/05/09(土) 22:16:21.69 ID:XPs6KBNY0

大学のとき、高校の同級生の女の子がALSを発症した。
そう親しくもない子だったし、ALSってどんな病気かも知らなくて
軽い気持ちで大学の近くにあったその病院に、ひまつぶしで見舞いに行っていた。

ある日彼女が、病室で言った。
「あたし処女のまま死ぬのってイヤだなあ、ねえ今度夜這いにこない?」
その晩実際に夜這いに行った俺を迎えた彼女は、病院の寝巻姿ではあったが
髪はちゃんと整えてあり、うっすら化粧をして、下着も当時流行り始めたTバックだった。
行為そのものは少々やっかいで、彼女は自分で脚を開くこともできなかった。
彼女はわざとらしい喘ぎ声をあげて、なんとか無事終ることができた。
そのあと俺に寝巻きを着せてもらいながら、彼女は嗚咽していた。

翌日俺の実家に彼女の母親から、「息子さんの優しいお見舞いに感謝します。」と
電話があったという。俺はまさかと思ったが、しばらくして戦慄した。
彼女はもう、起き上がることすらできない。トイレだって行けないから
たぶんおむつの世話になっているはずだ。

では誰が?
彼女の髪をとかし整えてやったのか
彼女に薄化粧を施してやったのか
彼女のおむつを脱がし、流行りの下着をはかせてやったのか
それがわかったとき、嗚咽とはいかないが不覚にも涙が出てきた。

あれから8年、彼女はもはや目も動かせない状態で今も闘病を続けているという。


89 :2009/05/09(土) 22:31:30.62 ID:HQ3Y04ZC0
■ファミコン

俺んち母子家庭で貧乏だったから、ファミコン買えなかったよ。。。
すっげーうらやましかったな、持ってる奴が。

俺が小6のときにクラスの給食費が無くなった時なんて、
「ファミコン持ってない奴が怪しい」なんて、真っ先に疑われたっけ。
貧乏の家になんか生まれてこなきゃよかった!って悪態ついたときの
母の悲しそうな目、今でも忘れないなぁ、、。どーしても欲しくって、
中学の時に新聞配達して金貯めた。
これでようやく遊べると思ったんだけど、ニチイのゲーム売り場の
前まで来て買うのやめた。そのかわりに小3の妹にアシックスの
ジャージを買ってやった。いままで俺のお下がりを折って着ていたから。
母にはハンドクリーム買ってやった。いっつも手が荒れてたから。
去年俺は結婚したんだけど、結婚式前日に母に大事そうに錆びた
ハンドクリームの缶を見せられた。泣いたね、、。
初めて言ったよ「生んでくれてありがとう」って。


93 :2009/05/09(土) 22:34:01.92 ID:XPs6KBNY0

三年前死んだ祖父は末期になっても、一切治療を拒み医者や看護婦が顔を歪めるほどの苦痛に耐えながら死んだ。

体中癌が転移し、せめて痛みを和らげる治療(非延命)をと、息子(父)や娘たち(伯母)が懇願しても絶対に首を縦に振らなかった。

葬式の後、親しかったご近所の将棋仲間が家族に宛てた祖父の手紙を渡してくれた。祖父が生前用意していた物だそうだ。

手紙の中には自分が家族を悲しませ、苦しませるのを承知で苦しみながら死んだ理由が書かれていた。

20年近く前、孫の一人が生存率20%を切る難病で闘病していたとき、祖父は神様に誓ったのだそうだ。

自分は今後どんな病気や怪我になろうとも、絶対に医者にもかからないし薬も飲まない。

だから孫を助けてくれと願を掛けたのだそうだ。

幸いその孫は無事手術も成功し、成長して成人もした。孫の成長を見届けること画できたのだからもう思い残すことはない。

あとは神様との約束を果たすだけだ。だから家族は悲しまないで欲しい。自分は満足して一生を終えるのだから。

そう綴られていた。

孫は当時一歳にもならない赤ん坊で、病気だったことも覚えていない。祖父は自分の決意を貫いて一生を終えた。

その孫である兄は葬儀でわんわん泣いていた。もちろん、兄弟もみな泣いた。

うまく書けないのが悔しいなあ。本当に祖父はすごい人だったんだよ。



96 :2009/05/09(土) 22:36:11.74 ID:XPs6KBNY0
Rの実家は猫好きな一家で、野良猫に餌をあげているうちに家中猫だらけになってしまったそうだ。
(高校の頃遊びに行ったが、ほんとにそうだった。)
住み着いた猫が仔をつくり、その仔もまた仔をつくる。一時は家庭崩壊しかけたほど猫が増えたそうだ。

そのうちの一匹の猫の話。

その猫も他の猫同様、野良時代に餌をもらい、それが何度か続くうちにRの家に住み着いた。
そして、その猫も仔を宿し、五匹の子猫を生んだ。しかし母猫は病気だった。出産後、餌は食べても吐いてしまうか、もしくはひどい下痢だった。
だが、子供はまだ小さい。母猫はじっと耐えるように五匹の子猫達を守っていた。
あまりにひどそうなので、見かねたRの母親が病院に連れていこうと近寄るが、
母猫は子供を取られると思っているのか、決して触らせようとしない。怒り狂って引っ掻いてくるのだ。

次の日、母猫はついに動けなくなっていた。出産の疲労と病気による衰弱のためであろう。
母猫の周りは、自らの汚物でいっぱいだった。
しかし、母猫はいとおしそうに五匹の仔をまんべんなくなめていた。
こいつは今日死ぬな。。衰弱しきった母猫をみてRはそう思ったそうだ。

そしてその夜、Rの母親が2階の自室で寝ていると、もぞもぞと布団の中で何かが動く。
それは子猫だった。
あれ?と思い電気をつけてみると、他の四匹の子猫たちも自分の布団のまわりにいる。
子猫たちは寒いのか、か細い声で鳴きながら布団に入ろうとしている。

そして、少し離れたところに、あの病気の母猫が静かに横たわっていた。
もう息はしていなかった。

決して子供達に近寄らせようとしなかった母猫は、最後の力を振り絞って一匹一匹わが仔をここまで運んできたのだろう。
死ぬ姿を人に見せないと言われるプライドの高い猫が、寝室の真ん中で死ぬことを選んだのだ。

子供達を託すために。



97 :2009/05/09(土) 22:36:19.90 ID:HQ3Y04ZC0
■ミニ四駆

小4の時の1月15日連休最初の日だっけかな?
いつものメンバー5人で俺の住んでたマンションで遊んでいた。
あん時はミニ四駆を廊下で走らせてて騒いでは管理人さんによく怒られたもんだ。
俺は改造が下手でいつも遅かった。そん中の香具師が肉抜きしてやるから貸してやといわれて
俺はどうしても1番になりたかったから貸して改造をお願いした。
休み終わったら学校に持っていくわと言われてかなり楽しみにしてた。
その休み明けそれが1月17日震災の日だった。
俺は電球の傘にぶつかって額を切ったがなんとか無事だった。
避難した公園にいつもの奴らが集まってくる4人揃ったが後1人こない。
心配になって4人とうちの親父とでそいつの家の前に行ってみた。
光景は悲惨なものだった。1階部分が見る影もなく2階しかなかった。
そいつの姉貴が2階で寝てたらしくて無事に出てきたがワンワン泣いていた。
「お母さん、お父さん、〇〇、何してんのよ早くねてらんと早く出てきてや。」
俺たちもその前で立ち尽くすばかりで何もできずそれぞれ親戚の家や知り合いの家に避難することになってしまった。
そして2月に入っての新聞。死亡者名の欄にあいつと、あいつの両親の名前が載っていた。
俺はそれを聞いて地元にいったん戻った。2月20日の合同慰霊祭。あいつと対面したのはその日だった。
スプレー塗装が剥げてるボロボロのミニ四とメモをやつの姉貴が渡してくれた。
メモには「ちょっとオマケでスプレーもしといたで。これでお前もいっちょまえになれるな。次走るとき楽しみにしてるで」



「いつ走るねんや。アホが」涙で言葉はそれしかでなかった。

あれから9年、色あせてもう動くことはないだろうミニ四
今も部屋の机の上に置いている。


98 :2009/05/09(土) 22:37:23.61 ID:HQ3Y04ZC0
■星の形のにんじん

俺の母親は、俺が2歳の時にがんで死んだそうだ。
まだ物心つく前のことだから、当時はあまり寂しいなんていう感情もあまりわかなかった。
この手の話でよくあるような、「母親がいない事を理由にいじめられる」なんて事も全然なくて、良い友達に恵まれて、それなりに充実した少年時代だったと思う。
こんな風に片親なのに人並み以上に楽しく毎日を送れていたのは、
やはり他ならぬ父の頑張りがあったからだと今も思う。

あれは俺が小学校に入学してすぐにあった、父母同伴の遠足から帰ってきたときのこと。
父は仕事で忙しいことがわかっていたので、一緒に来られないことを憎んだりはしなかった。
一人お弁当を食べる俺を、友達のY君とそのお母さんが一緒に食べようって誘ってくれて、寂しくもなかった。
でもなんとなく、Y君のお弁当に入っていた星形のにんじんがなぜだかとっても羨ましくなって、
その日仕事から帰ったばかりの父に「僕のお弁当のにんじんも星の形がいい」ってお願いしたんだ。
当時の俺はガキなりにも母親がいないという家庭環境に気を使ったりしてて、
「何でうちにはお母さんがいないの」なんてことも父には一度だって聞いたことがなかった。
星の形のにんじんだって、ただ単純にかっこいいからって、羨ましかっただけだったんだ。
でも父にはそれが、母親がいない俺が一生懸命文句を言っているみたいに見えて、とても悲しかったらしい。
突然俺をかき抱いて「ごめんな、ごめんな」って言ってわんわん泣いたんだ。
いつも厳しくって、何かいたずらをしようものなら遠慮なくゲンコツを落としてきた父の泣き顔を見たのはそれがはじめて。
同時に何で親父が泣いてるかわかっちゃって、俺も悲しくなって台所で男二人抱き合ってわんわん泣いたっけ。

それからというもの、俺の弁当に入ってるにんじんは、ずっと星の形をしてた。
高校になってもそれは続いて、いい加減恥ずかしくなってきて「もういいよ」なんて俺が言っても、
「お前だってそれを見るたび恥ずかしい過去を思い出せるだろ」って冗談めかして笑ったっけ。

そんな父も、今年結婚をした。相手は俺が羨ましくなるくらい気立てのいい女性だ。
結婚式のスピーチの時、俺が「星の形のにんじん」の話をしたとき、親父は人前だってのに、またわんわん泣いた。
でもそんな親父よりも、再婚相手の女の人のほうがもらい泣きしてもっとわんわん泣いてたっけ。
良い相手を見つけられて、ほんとうに良かったね。
心からおめでとう。そしてありがとう、お父さん。


99 :2009/05/09(土) 22:38:06.50 ID:HQ3Y04ZC0
■ごめんな

小学校の時、足の悪い子がいて、ひょこひょこ歩くのが滑稽でみんなでからかうようになった。
野球なんかでもわざと取れないところにノックして、転ぶのを見て笑ったり。
でもその子はいつもニコニコしてて何も感じてないようだった。

でも、その事が先生にばれてみんなこっぴどく怒られた。
その子の親に謝まりに行った時、その子はいつもと違って泣きじゃくりながら、
「遊んでくれるだけでいい、笑われてもからかわれても遊んでくれるだけでいい」って。
それを聞いてお母さんは泣き出し、俺たちも自分たちの情けなさに泣き出してしまった。
彼の気持ちを考えると、ごめんなって言うのがやっとだった。


101 :2009/05/09(土) 22:39:43.31 ID:HQ3Y04ZC0
■私の父


私の父は無口で頑固で本当にこわくて
親戚中が一目置いている人でした。
家に行ってもいつもお酒を飲んでいて
その横で母がせわしなく動いていた記憶があります。

私が結婚する事になり、ドキドキしながら主人を連れて行くと
ずっと黙ったままやっと口を開くと
「ビールは何を飲むんや?」でした。
その日はなんとか無事に終わり、式の当日終始酒をつぎにまわってた。
その後、子供が生まれ少し育児ノイローゼ気味になった私を見て
なぜか毎日孫の世話をしに来るようになった。
当然子供の面倒など見たことないので、する事がめちゃくちゃで
イライラしていた私は嫌味ばかり言ってしまった。

2ヵ月後、あまり調子がよくないと言っていた矢先他界した。
なんでもっと優しくしてあげなかったんだろう?
紙オムツの仕方を聞かれて、それぐらいわかるでしょって
なんで冷たく言っちゃったんだろう?
あの日、自分でどうにかしようと思って変な形になったオムツが
残されてた・・・
その後、毎日つけていた日記が見つかり、式の当日
「あのバカ娘がとうとう嫁に行った。最後の挨拶では涙が出た。
幸せになれ。」って書いてた。
おまけに家には主人があの日答えた「アサヒビール」が
押入れいっぱい詰められていた。


102 :2009/05/09(土) 22:40:33.65 ID:XPs6KBNY0

学生時代、貧乏旅行をした。帰途、寝台列車の切符を買ったら、残金が80円!
もう丸一日以上何も食べていない。家に着くのは約36時間後…。
空腹をどうやり過ごすか考えつつ、駅のホームでしょんぼりしていた。

すると、見知らぬお婆さんが心配そうな表情で声を掛けてくれた。わけを話すと、持っていた
茹で卵を2個分けてくれた。さらに、私のポケットに千円札をねじ込もうとする。
さすがにそれは遠慮しようと思ったが、お婆さん曰く、
「あなたが大人になって、同じ境遇の若者を見たら手を差し伸べてあげなさい。社会ってそういうものよ」
私は感極まって泣いてしまった。

お婆さんと別れて列車に乗り込むと、同じボックスにはお爺さんが。最近産まれた初孫のことを詠った
自作の和歌集を携えて遊びに行くという。ホチキスで留めただけの冊子だったので、あり合わせの
糸を撚って紐を作り、和綴じにしてあげた。ただそれだけなんだが、お爺さんは座席の上に正座して
ぴったりと手をつき、まだ21歳(当時)の私に深々と頭を下げた。
「あなたの心づくしは生涯忘れない。孫も果報者だ。物でお礼に代えられるとは思わないが、気は心だ。
せめて弁当くらいは出させて欲しい。どうか無礼と思わんで下さい」
恐縮したが、こちらの心まで温かくなった。

結局、車中で2度も最上級の弁当をご馳走になり、駅でお婆さんに貰ったお金は遣わずじまいだった。
何か有意義なことに遣おうと思いつつ、その千円札は14年後の今もまだ手元にある。
腹立たしい老人を見ることも少なくないけれど、こういう人たちと触れ合うことができた私は物凄く幸運だ。



103 :2009/05/09(土) 22:40:49.31 ID:urzI1IDK0
〜〜〜〜〜〜福田総理就任の日〜〜〜〜〜〜〜

福田「韓国経済ははいずれ、それもここ1,2年以内に破綻するだろう」
部下「えっ!?まさかんそんなご冗談でしょう」
福田「いや、事実だ、必ず1、2年以内にファンドによる猛攻を耐えられずに破綻する」
部下「で、でしたら我が国はいったいどうすれば」
福田「これは・・チャンスなんだよ・・やっと巡って来たチャンスなんだ・・」
部下「チャンス・・ですか・・・しかし我が国へ介入要請をしてそれで終わるのでは?」
福田「そうだ、残念だが今の日本政府は介入要請があったら断れない、IMFを無視して介入すらありうる、だがそれはあの韓国の息の根を止めるチャンスを逃すということ・・・・」
部下「では何故そのような時に総理になろうと・・・?」
福田「・・・ではその介入要請の時に総理が辞任していたらどうなるかね?」
部下「・・・?・・・ハッ・・!総理不在で・・まさかそんな・・しかしそれでは総理、総理は・・・」
福田「なぁに、嫌われるのには慣れている、それにこれは誰かがやらねばならない事なんだよ」



105 :2009/05/09(土) 22:42:14.75 ID:HQ3Y04ZC0
■すごろく


俺は小さい頃、家の事情でばあちゃんに預けられていた。
当初、見知らぬ土地に来て間もなく当然友達もいない。いつしか俺はノートに、自分が考えたすごろくを書くのに夢中になっていた。
それをばあちゃんに見せては、「ここでモンスターが出るんだよ」 「ここに止まったら三回休み〜」 ばあちゃんはニコニコしながら、
「ほうそうかい、そいつはすごいねぇ」 と相づちを打ってくれる。それが何故かすごく嬉しくて、何冊も何冊も書いていた。

やがて俺にも友達が出来、そんなこともせず友達と遊びまくったころ、家の事情も解消され、自分の家に戻った。
ばあちゃんは別れるときもニコニコしていて、 「お父さん、お母さんと一緒に暮らせるようになってよかったねえ」
と喜んでくれた。

先日、そのばあちゃんが死んだ。89歳の大住生だった。遺品を整理していた母から、「あんたに」と一冊のノートをもらった。
開いてみると、そこにはばあちゃんが作ったすごろくが書かれてあった。モンスターの絵らしき物が書かれていたり、何故かぬらりひょんとか、妖怪も混じっていたり。
「ばあちゃんよく作ったな」とちょっと苦笑いしていた。最後のページを見た。「あがり」と達筆な字で書かれていたその下に、



「義弘(俺)くんに友達がいっぱいできますように」


人前で、親の前で号泣したのはあれが初めてだった。ばあちゃん、死に目に会えなくてごめんよ。
そしてありがとう。




106 :2009/05/09(土) 22:44:00.91 ID:HQ3Y04ZC0
■部長

そのときの部長はすっごく冷たくて、いつもインテリ独特のオーラを張り巡らせてる人だった。
飲みに誘っても来ることは無いし、忘年会なんかでも一人で淡々と飲むようなタイプで、良く怒られていたこともあって俺はすごく苦手だった。

ある日のこと、部長の解雇を伝える社内メールが全員に届いた。
あのむかつく部長が居なくなる!!心の中でガッツポーズしたのは俺だけじゃなかったはずだ。

それから1週間後、部長の最後の出勤日。
退社のセレモニーが終わるとみんなそそくさと帰って行ったが
部長と俺だけは居残って仕事を片付けていた。
送別会の開催も自ら断った部長を苦々しく思っていると、珍しく専務から呼び出された。
しぶしぶ専務室に行くと、課長と専務が待ち構えていた。
俺はそこで始めて課長から「部長解雇の真相」を聞いた。

原因は俺だった。俺のミスの責任を全て部長がかぶってくれたらしい。
話を聞いてたまらなくなった俺は急いで部署に戻ったが、部長の姿はすでに無かった。
ふと自分の机の上を見ると、封の開いた買い置きのタバコ。すでに一本無くなってる。
横に添えられたメモにはこう書いてあった。

「これぐらいはいただいても良いはずだ」

俺にとっては無くなったその一本が、思い出の一本です



110 :2009/05/09(土) 22:45:44.32 ID:HQ3Y04ZC0
■父の決意

父は私と妹が小4の頃(双子です)今の母と再婚。実母は赤ん坊の頃に
他界したと聞かされてた。
ずっと私達は父の連れ子だと思ってたんだけど、
22才の時パスポートとる時に父とは血が繋がってないと分かった。
父本人には聞けず、父の母(私達の祖母、これも小さい頃から可愛がって
くれてて血が繋がってないなんて考えた事もなかった)に問い質した所、
実母は未婚で私達を妊娠中に父と知り合い、父は周囲の反対を押し切り結婚。
私達は父の養子に。しかし一年程で実母は他の男と駈け落ち。
父には血の繋がらない双子の乳児が残された。
周りは当然、私達は実母の身内に引き取らせるか、施設に入れるものと
考えてたが、父は自分が育てると言いだし周囲を仰天させる。
父の親兄弟、親戚、友人総出で説得するも父の決意は固く、
「この子らは産まれる前に父親に捨てられ、産まれてからは母親に捨てられた。
この上俺まで捨てたらこの子らは三度も親に捨てられる事になる。」
「何より俺はこの子らが可愛くて仕方ないんや。離れるのは俺が堪えられん。」
とぼろぼろ泣いて、最後は周りも折れざるを得なくなったそうです。

再婚してから三年で弟がうまれましたが、父は全く別け隔てなんて
そぶりも見せませんでした。考えてみれば弟とも血が繋がってないんだよなぁ。
(継)母もすごく大好きです。思えば難しい年頃だった私達を
押し付けがましくなく、それでも愛情たっぷりに育ててくれた。
何があっても私達の両親はこの二人だと胸を張って言えます。




115 :1/2:2009/05/09(土) 22:50:05.95 ID:XPs6KBNY0
彼との結婚を私(25歳)の父と母は猛反対していました。
彼は昔両親を亡くして、祖父母に育てられていました。
そして4年前祖父が亡くなり、彼は32歳になる今まで84歳の祖母と二人暮しでした。
それが反対の理由でした。
「何も結婚してすぐに介護が目の前にあるような結婚をする事はない」と。
結婚を申し込みにきた彼と彼の祖母ににもそう言い放ったんです。
その2日後でした。
彼の祖母が置手紙を残していなくなりました。
仕事から帰った彼からの電話で、私達は必死で探しました。
探して探して探して
空が明るくなりかけた頃、彼の祖父の眠るお墓の前に座りこんでいる祖母を見つけました。
歳も歳だったので衰弱し、そのまま即入院になりました。
その事がきっかけで、私の両親も私達の結婚を許してくれ
結婚式はせず、すぐに籍だけをいれました。
もう10年近く前の話です。
祖母は入院後1ヶ月ほどで亡くなりました。
その時の手紙です。


116 :2/2:2009/05/09(土) 22:51:06.16 ID:XPs6KBNY0
●●へ(彼の名前)

ばあちゃんは本当に貴方がかわいかった。
貴方のお父さんとお母さんが死んだ時
私のこの先の人生は貴方の為に使っていこうと心に誓いました。
ばあちゃんは年であるしお金もない
何も何も持ってはおりません。
貴方への愛情だけです。
そして貴方はばあちゃんの事をとてもとても大切にしてくれた
とてもとても良い子に育ってくれました
そして人生の伴侶となるべき相手を見付けました。
でもばあちゃんがそれをじゃましているんだね。
幸せになってください。
ばあちゃんは貴方を育てる事が出来た事がとてもうれしいです。
とてもとても幸せでした。
妙子ちゃん(私)と、どうかどうか幸せになってください。




117 :2009/05/09(土) 22:51:46.20 ID:HQ3Y04ZC0
■敬礼

2年前旅行先での駐屯地祭で例によって変な団体が来て私はやーな気分。
その集団に向かって一人の女子高生とおぼしき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で・・・云々」
少女「で、何しにきたんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる・・・云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や。
   寒い中ご飯作ってくれて、風呂も沸かしてくれて
   夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのもここの部隊の人や。
   私は、その人たちにお礼を言いに来たんや。
   あんたらにわかるか?
   消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が。
   でもここの人らは歩いて来てくれはったんや・・・・」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった。
あまりにも印象的だったのではっきり覚えている。
団体は撤退。
彼女は門をくぐった時に守衛さんが彼女に社交辞令の
軽い敬礼ではなく直立不動のまま敬礼していた。




121 :1/2:2009/05/09(土) 22:54:27.09 ID:XPs6KBNY0
サキちゃんのママは重い病気と闘っていたが、死期を悟ってパパを枕元に呼んだ。
その時、サキちゃんはまだ2歳。
「あなた、サキのためにビデオを3本残します。
 このビデオの1本目は、サキの3歳の誕生日に。2本目は小学校の入学式に。
 そして3本目は…○○○の日に見せてあげてください」
まもなく、サキちゃんのママは天国へと旅立った。

そして、サキちゃんの3歳の誕生日。1本目のビデオがかけられた。
(ビデオからつないだテレビ画面に、病室のママが映し出される)
「サキちゃん、お誕生日おめでとう。ママ、うれしいなぁ。
 でもママはね、テレビの中に引っ越したの。だから、こうやってしか会えない。
 パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんでいてね。だったら、ママ、また会いに来ます」

サキちゃんの小学校入学の日。2本目のビデオ。
「サキちゃん、大きくなったネ。おめでとう……。ママ、うれしいな。どんなにこの日を待っていたか。
 サキちゃん、ちゃんと聞いてね。
 ママが今住んでいるところは、天国なの。だから、もう会えない。
 でもね、パパのお手伝いがちゃんとできたら、ママ、もう一回だけ、会いに来ます。
 じゃあ、魔法をかけるよ。 エイッ!
 ほうら、サキちゃんは料理や洗濯ができるようになりました」




124 :2/2:2009/05/09(土) 22:55:16.68 ID:XPs6KBNY0
そして3本目のビデオ。そのタイトルは、こう書いてあった。
新しいママが来た日のサキちゃんに

そしてサキちゃんが10歳の時、パパは再婚し、新しいママが来た。
3人いっしょに、3本目のビデオを見つめた。
なつかしいママの顔が映し出された。
「サキちゃん、おうちの仕事、がんばったね。えらかったね。
 でも、もう大丈夫。新しいママが来たんだから。
 ……
 サキちゃん。今日で本当にお別れです。
 ……
 サキちゃん、今、身長はどれくらい?ママには見えない。
 (泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)
 ママ、もっと生きたい…。
 あなたのために、おいしいものいっぱいつくってあげたい…。
 あなたの成長を見つめていたい…。
 じゃあ、サキちゃん、これがママの最後の魔法です。
 それは、『ママを忘れる魔法』です。
 ママを忘れて、パパと、新しいママと、楽しい暮らしをつくってください。
 では、魔法をかけます。1、2、3、ハイッ!」
そこでビデオは終わった。

しかし、サキちゃんに、この魔法は効かなかった。
パパと、新しいママにも効かなかった。
ママは、みんなの心の中に、ちゃんと残っていた。

そして今度は、サキちゃんが主役の、4本目のビデオがつくられたのだった。
天国のママに見てもらうために



140 :2009/05/09(土) 23:19:05.64 ID:HQ3Y04ZC0
■手紙

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。
ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。
「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」
こっそりと中を読んでみたら、
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
と書いてあったそうだ。
旦那は去年、交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。
「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ〜」
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。
娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない。



144 :2009/05/09(土) 23:21:54.61 ID:HQ3Y04ZC0
アイスクリーム

あの日、俺が楽しみにとってあったアイスクリームを、母が弟に食べさせてしまった
学校から帰り、冷凍庫を開け、アイスを探したが見つからなかった
母親に問い詰めると、弟が欲しがったのであげたと言った
その時楽しみにしていた俺は、すごく怒った
母親に怒鳴り散らし、最後に「死ね!」と叫び、夕飯も食べずに部屋に篭った
それから何時間か経った
俺は寝てしまっていたようだ、が、父親が部屋に飛び込んできたので目が覚めた
「母さんが轢かれた・・・!」
あの時の親父の顔と言葉を、俺は一生忘れないだろう
俺達が病院に着いたとき、母親はどうしようもない状態だと言われた
医者は最後に傍にいてあげてくださいと言い、部屋を出た
それから少しして、母親は息を引き取った
その後、母親があの時間に外にいた事を父から聞いた
買い物に行くと言って出て行き、その帰りに車に轢かれた事
現場のビニール袋の中には、アイスが一つだけ入っていた事
救急車の中でずっとごめんねと呟いていた事
その時、俺のために母はアイスを買いに行って事故にあったとわかった

通夜と葬式の間中、俺はずっと泣いた
そして、今でもこの時期になると自然に涙が出てくることもある
母さん、ごめんな
俺が最後に死ねなんて言わなかったらと、今でも悔やみ続けている



147 :2009/05/09(土) 23:23:44.19 ID:XPs6KBNY0
<1985年の日航機墜落事故で亡くなった52歳の会社員の遺書>
マリコ
津慶
知代子
どうか仲良く がんばって
ママをたすけて下さい
パパは本当に残念だ
きっと助かるまい
原因は分からない
今5分たった
もう飛行機には乗りたくない
どうか神様 たすけて下さい
きのうみんなと
食事したのは 最後とは
何か機内で 爆発したような形で
煙が出て
降下しだした
どこへどうなるのか
津慶しっかり たのんだぞ
ママ こんな事になるとは残念だ
さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今6時半だ
飛行機は まわりながら
急速に降下中だ
本当に今迄は
幸せな人生だった と感謝している




181 :2009/05/10(日) 00:12:14.54 ID:IKwgfTH30
娘千春が逝ってから、もうすぐ1年。
千の春を迎えられる位長生きして欲しいという願いを込めて名をつけたのに、
あの子はたった7つの春しか迎えられなかった。
先天性の免疫不全症候群で、生まれてから一度も病室の外に出ることはなかった。

「いつになったらお外へ出れるの?」

悲しそうに呟くあの子の姿が今も目に焼き付いている。
結局、生あるうちにその願いは叶えられないまま終わった。

小さな身体で懸命に、最後まで、生きることを諦めなかった千春。
闘って、闘って、闘い抜いた千春。
とうとう力を使い果たして、眠るように逝った千春。

「よく頑張ったね、えらいぞ、1等賞だ。だからね、もういいからね、おやすみ」

主治医の先生が看取った時に、優しく千春の頭を撫でながらそう言って泣いていた。
私は主人と一緒に泣きながら、そんな先生に何度も何度も頭を下げた。

小さかった千春をもっと小さな一握りの灰と骨にして、海と山に撒きました。
外の世界に焦がれ続けていた千春を、また狭くて暗い墓の下に閉じ込めたくなかったので。

千春、千春、今あなたはどこにいるの? 空? 海? 山? 幸せでいる?
今はまだ、あなたのことを思い出すと涙があふれて止まらないよ。
おかあさんの娘に生まれてくれてありがとうね。またいつか会おうね。


240 :2009/05/10(日) 01:26:39.02 ID:IKwgfTH30
もう五年前ぐらいの話かな。
人前ではほとんど泣いたことのない俺が、生涯で一番泣いたのはお袋が死んだ時だった。

お袋は元々ちょっとアタマが弱くて、よく家族を困らせていた。
思春期の俺は、普通とは違う母親がむかついて邪険に扱っていた。
非道いとは自分なりに認めてはいたが、生理的に許せなかった。
高校を出て家を離れた俺は、そんな母親の顔を見ないで大人になった。
その間実家に帰ったのは3年に1回程度だった。

俺もいい大人になり、それなりの家庭を持つようになったある日、
お袋が危篤だと聞き急いで病院に駆けつけた。
意識が朦朧として、長患いのため痩せ衰えた母親を見ても、
幼少期の悪い印象が強くあまり悲しみも感じなかった。


241 :2009/05/10(日) 01:28:11.83 ID:IKwgfTH30
そんな母親が臨終の際、俺の手を弱々しく握りこう言った。
「ダメなおかあさんでごめんね」
精神薄弱のお袋の口から出るにはあまりにも現実離れした言葉だった。
「うそだろ?いまさらそんなこといわないでくれよ!」
間もなくお袋は逝った。
その後葬式の手配やらなんやらで不眠不休で動き回り、
お袋が逝ってから丸一日過ぎた真夜中のこと。
家族全員でお袋の私物を整理していた折、一枚の写真が出てきた。
かなり色褪せた何十年も前の家族の写真。
まだ俺がお袋を純粋に大好きだった頃。みな幸せそうに笑っている。
裏には下手な字(お袋は字が下手だった)で家族の名前と当時の年齢が書いてあった。
それを見た途端、なぜだか泣けてきた。それも大きな嗚咽交じりに。
いい大人がおえっおえっ泣いてる姿はとても見苦しい。自制しようとした。
でも止めど無く涙が出てきた。どうしようもなく涙が出てきた。

(俺は救いようがない親不孝ものだ。格好なんて気にすべきじゃなかった。
やり直せるならやり直したい。でもお袋はもういない。
後悔先に立たず、とはまさにこれのことだったんだ。)

その時、妹の声がした。
「お母さん、笑ってる!」
皆布団に横たわる母親に注目した。
決して安らかな死に顔ではなかったはずなのに、表情が落ち着いている。
うっすら笑みを浮かべているようにさえ見えた。
「みんな悲しいってよ、お袋・・・。一人じゃないんだよ・・・」
気がつくと、そこにいた家族全員が泣いていた。

・・・あれから俺はことあるごとに両親は大切にしろと皆に言っています。
これを読んだ皆さんも、ご健在であるならばぜひご両親を大切にしてほしい。
でないと、俺のようにとんでもない親不孝ものになっちゃうよ・・・。



247 :2009/05/10(日) 01:44:04.49 ID:vX1+6E1j0
492 :1/5:2006/02/13(月) 05:50:13 ID:Ksv7Zq5b
俺には母親がいない。
俺を産んですぐ事故で死んでしまったらしい。
産まれたときから耳が聞こえなかった俺は
物心ついた時にはもうすでに簡単な手話を使っていた。

耳が聞こえない事で俺はずいぶん苦労した。
普通の学校にはいけず、障害者用の学校で学童期を過ごしたわけだが、
片親だったこともあってか、近所の子どもに馬鹿にされた。
耳が聞こえないから何を言われたか覚えていない(というか知らない)が
あの見下すような馬鹿にしたような顔は今も忘れられない。

その時は、自分がなぜこんな目にあうのかわからなかったが、
やがて障害者であるということがその理由だとわかると
俺は塞ぎ込み、思春期の多くを家の中で過ごした。
自分に何の非もなく、不幸にな目にあうのが悔しくて仕方がなかった。

だから俺は父親を憎んだ。
そして死んだ母親すら憎んだ。
なぜこんな身体に産んだのか。
なぜ普通の人生を俺にくれなかったのか。

手話では到底表しきれない想いを、暴力に変えて叫んだ。
ときおり爆発する俺の気持ちを前に、父は抵抗せず、
ただただ、涙を流し「すまない」と手話で言い続けていた。

その時の俺は何もやる気がおきず、荒んだ生活をしていたと思う。

493 :2/5:2006/02/13(月) 05:51:13 ID:Ksv7Zq5b
そんな生活の中での唯一の理解者が俺の主治医だった。
俺が産まれた後、耳が聞こえないとわかった時から、ずっと診てくれた先生だ。
俺にとってはもう一人の親だった。

何度も悩み相談にのってくれた。
俺が父親を傷つけてしまった時も、優しい目で何も言わず聞いてくれた。
仕方がないとも、そういう時もあるとも、そんな事をしては駄目だとも言わず、
咎める事も、慰める事もせず聞いてくれる先生が大好きだった。

そんなある日、どうしようもなく傷つく事があって、
泣いても泣ききれない、悔しくてどうしようもない出来事があった。
内容は書けないが、俺はまた先生の所に行って相談した。

長い愚痴のような相談の途中、
多分「死にたい」という事を手話で表した時だと思う。

先生は急に怒り出し、俺の頬をおもいっきり殴った。
俺はビックリしたが、先生の方を向くと、さらに驚いた。

先生は泣いていた。

そして俺を殴ったその震える手で、静かに話し始めた。


494 :3/5:2006/02/13(月) 05:51:48 ID:Ksv7Zq5b
ある日、俺の父親が赤ん坊の俺を抱えて先生の所へやってきたこと。
検査結果は最悪で、俺の耳が一生聞こえないだろう事を父親に伝えたこと。
俺の父親がすごい剣幕でどうにかならないかと詰め寄ってきたこと。

そして次の言葉は俺に衝撃を与えた。

「君は不思議に思わなかったのかい。
 君が物心ついた時には、もう手話を使えていた事を。」

たしかにそうだった。
俺は特別に手話を習った覚えはない。じゃあなぜ・・・

「君の父親は僕にこう言ったんだ。

『声と同じように僕が手話を使えば、この子は普通の生活を送れますか』

 驚いたよ。
 確かにそうすればその子は、声と同じように手話を使えるようになるだろう。
 小さい頃からの聴覚障害はそれだけで知能発達の障害になり得る。
 だが声と同じように手話が使えるのなら、もしかしたら・・・
 でもそれは決して簡単な事じゃない。
 その為には今から両親が手話を普通に使えるようにならなきゃいけない。
 健常人が手話を普通の会話並みに使えるようになるのに数年かかる。
 全てを投げ捨てて手話の勉強に専念したとしても、とても間に合わない。
 不可能だ。僕はそう伝えた。
 
 その無謀な挑戦の結果は君が一番良く知ってるはずだ。
 君の父親はね、何よりも君の幸せを願っているんだよ。
 だから死にたいなんて、言っちゃ駄目だ。」

495 :4/5:2006/02/13(月) 05:52:20 ID:Ksv7Zq5b
聞きながら涙が止まらなかった。
父さんはその時していた仕事を捨てて、俺のために手話を勉強したのだ。
俺はそんな事知らずに、たいした収入もない父親を馬鹿にしたこともある。

俺が間違っていた。
父さんは誰よりも俺の苦しみを知っていた。
誰よりも俺の悲しみを知っていた。
そして誰よりも俺の幸せを願っていた。

濡れる頬をぬぐう事もせず俺は泣き続けた。
そして父さんに暴力をふるった自分自身を憎んだ。
なんて馬鹿なことをしたのだろう。あの人は俺の親なのだ。

耳が聞こえないことに負けたくない。
父さんが負けなかったように。

幸せになろう。そう心に決めた。

今、俺は手話を教える仕事をしている。
そして春には結婚も決まった。
俺の障害を理解してくれた上で愛してくれる最高の人だ。

父さんに紹介すると、母さんに報告しなきゃなと言って父さんは笑った。
でも遺影に向かい、線香をあげる父さんの肩は震えていた。
そして遺影を見たまま話し始めた。


496 :5/5 聞いてくれてありがとう :2006/02/13(月) 05:53:09 ID:Ksv7Zq5b
俺の障害は先天的なものではなく、事故によるものだったらしい。
俺を連れて歩いていた両親に、居眠り運転の車が突っ込んだそうだ。
運良く父さんは軽症ですんだが、母さんと俺はひどい状態だった。
俺は何とか一命を取り留めたが、母さんは回復せず死んでしまったらしい。
母さんは死ぬ間際、父さんに遺言を残した。
「私の分までこの子を幸せにしてあげてね」
父さんは強くうなずいて、約束した。
でもしばらくして俺に異常が見つかった。

「あせったよ。お前が普通の人生を歩めないんじゃないかって
 約束を守れないんじゃないかってなぁ。
 でもこれでようやく、約束…果たせたかなぁ。なぁ…母さん。」

最後は手話ではなく、上を向きながら呟くように語っていた。
でも俺には何て言っているか伝わってきた。
俺は泣きながら、父さんにむかって手話ではなく、声で言った。

「ありがとうございました!」

俺は耳が聞こえないから、ちゃんと言えたかわからない。
でも父さんは肩を大きく揺らしながら、何度も頷いていた。

父さん、天国の母さん、そして先生。
ありがとう。俺、いま幸せだよ。




276 :2009/05/10(日) 13:44:28.99 ID:v67/8GwM0
自己解決しました

遺書 母を慕いて

 母上お元気ですか
 永い間本当に有難うございました
 我六歳の時より育て下されし母
 継母とは言え世の此の種の女にあるが如き
 不祥事は一度たりとてなく
 慈しみ育て下されし母
 有難い母 尊い母

 俺は幸福だった
 遂に最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺
 幾度か思い切って呼ばんとしたが
 何と意志薄弱な俺だったろう
 母上お許し下さい
 さぞ淋しかったでしょう
 今こそ大声で呼ばして頂きます
 お母さん お母さん お母さんと

相花信夫少尉 第七七振武隊 昭和二○年五月四日出撃戦死 一八歳



277 :2009/05/10(日) 15:01:20.13 ID:IKwgfTH30
昨年、突発性難聴と診断された妻。病院に通って服薬治療を続けてきた妻だったが、
とうとう先週「このままの聴力で安定して行くでしょう。」と言われて帰って来た。
きっとショック受けてんだろうなーと家に帰ったが、いつも通りのあっけらかんとした妻だった。
「私、手話覚えるしかないかなー。」なんて笑いながら話してた。
(静かな場所であれば、響く様な感じだが聞き取れるし話せる程度)
夜子供が寝た後に、これから必要になるかも…?と、二人でゴロゴロしながら筆談をしてみた。
最初は他愛もない話だったんだが、いきなり妻が「ごめんね。辛くなったらいつでも言ってね?
私こんなんになっちゃって、いつでも離婚しても良いと思ってるよ。」って書いた。

つい大きな声で「お前離婚したいのか?!
耳が聞こえない位で離婚するわけないだろ!バカか!」って言ってしまった。
妻はかぼそい声で「出来る事、一生懸命やるから、頑張るから捨てないでね…」って泣いた。
妻がこの件で初めて泣いたのを見て、俺も泣いた。
ずっと我慢してたんだって。不安だったろうな、辛かったろうな…。
抱き合って泣いてる俺達にびっくりして起きてしまった2歳の娘が、
「おか」〜しゃん おと〜しゃん 泣かないの ヨチヨチ」ってしてくれた。
この温かい家族をこれからも俺が守って行こうと思ったよ。


昨年、家族旅行に行った時にイカ釣りを初体験した。
嫁と娘(7歳)は船に酔うので俺だけが最終日にイカ釣りに行った。
帰りの電車の中結構満員で親子3人で座れず立っていたら
急に電車が大きく揺れ幼い娘が倒れそうになった。

嫁「ミキちゃん、パパと手を繋いでいなさい」
俺「ミキ、危ないからパパと手を繋ご」
娘「・・・・・・・ママと繋ぐ・・」
嫁「パパと繋いだ方がいいから!」
娘「ヤダ・・・・ママと繋ぐ(涙目)」
嫁「いい加減にしなさい!パシッ(叩く)」

ここから世にも恐ろしい惨劇が始まる・・・・・
娘泣きながら叫ぶ・・・
娘「パパの手、イカ臭いからヤダー!」
動揺する俺・・・・・
俺「おいおいおい、イカ臭いって・・イカ触ったからだろ!」
周りから笑いの荒し・・嫁意味わからず追い討ち・・
嫁「手がイカ臭いのがそんなにおかしい?」
俺「もういい、もういい。お前は喋るな!」
とどめの一撃・・・
嫁「あんたが変なもの触るからイカ臭いんでしょ!」

自殺していいですか・・・・




294 :2009/05/10(日) 15:33:04.20 ID:5sNU0WVmP
ある日俺は街へ出掛けた。
「暇だなぁ。本でみるか」
と思い本屋へ向かってる途中に一人のホームレスが寝ていた。
「邪魔くせーな。うぜー。」
と思い歩いてると突然3才くらいの男の子が道路に走っていった。すると、
「プププー!!!」
爆音が鳴りびいた瞬間、


さっきまで寝ていたホームレスの男性が突然走りだし、
子供を抱きかかえ草むらに飛びこんだ。
俺はまわりを見渡すとボーゼンと立ちすくんでるおじさん、おばさん。
「すげ〜」
とか言ってる若者。
俺はその瞬間自分の情けなさ、それとただ単に見ていただけの人間。
俺は思った。
「ホームレスが汚い?生きてる意味がない?ざけんじゃんじゃねえ。
 なんだよお前ら・・・なんだよ俺・・・本当に強いのは、
 このホームレスのおっちゃんだろーが!!」
俺は拳をにぎりしめた。
その後、3才ぐらいの男の子の母親がすかさずかけより、
「ありがとうございます。ありがとうございます。これ少ないですけど・・・」
と言ってお金を渡そうとしていた。
するとホームレスのおっちゃんは言った。
「すいません。受け取れません。でも約束してください。
 絶対に小さい子から目を話さないであげてください。約束です。」


俺は初めて人の暖かさを知った。






人間棄てたもんでは無いですよね

チョットでも元気が出たら幸いです

気張って参りましょうね!!





努力と根性では食えない!
・こんな時代でも、やっぱり営業!
・ゲリラでに新規市場を探すには?

http://www.eNirvana.biz




椋平虹なる現象

  • 2008.09.17 Wednesday
  • 18:26
天網恢恢疎にして漏らさず
あるいは、
驕る平家も久しからず

なんて言葉去来するアメリカ様のご様子
ま、人災の極みってなもんですな

さて、人災もさることながら、天災も怖いですね
ここ数年人為的とも思える天災の数々
人為的かもしれませんね〜

ま、それはさておき、こんな雲発見です
椋平虹なる現象です
いわゆる宏観現象、地震雲とかでしょうか?

営業の帰りに遅いお昼を食べてコーヒー片手に何気なく見るとあったんです!!




四川大地震でも、発生前に目撃されていました

http://blogs.yahoo.co.jp/dragontatsuhi/41969038.html

なにやらこの虹で調べるとたくさん出て来ます
怪しげなのも多いですが(^^ゞ
ま、世界の大激動と天災はなやら関係があると仰る御仁もいます

ま、あくまで参考程度にいかがですか?
たまには空を眺めるのも良いですよ




営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz



近所で強盗・・・

  • 2008.06.24 Tuesday
  • 10:27
ここ最近物騒なニュースがカマビスシイです。
東京、大阪のような大都市に限らず増えているのでしょう。

と思いきや、今朝近所で強盗があったとかで少々テンヤワンヤ。

事の顛末は、送り出した子供が8時に帰ってきた。
話しを聞くと強盗があったから帰れとの事で帰宅したそうだ。

で、犯行はどうなってるかがみえないのにノコノコ帰宅させる法があるかとも思ったが、事件については噂とか子供いい加減そうな話しだけ。
緊急連絡網が何度も鳴り、その都度伝言。

ネットで調べるとあった。


茨城で強盗、日本刀3振り奪い逃走

テレビユー福島

24日未明、茨城県の住宅に男が押し入り、寝ていた夫婦を縛ったうえ、日本刀3振り、およそ400万円相当を奪って逃走しました。 24日午前1時すぎ、茨城県ひたちなか市にある住宅に男が押し入りました。


用心に越した事はないが、未明の事件で、犯人が複数で日本刀ぶら下げてそこら辺をウロウロするだろうか?
7時間も経った翌朝大騒ぎする話しなんだろうか?

これは正確な情報が何にも無いからだ。
要は警察が予防線でも張って、学校周辺や近辺の警らをマメにして安心や安定に寄与すべきだろう。
治安維持が職務なのに、近所では親御さんの車での送迎でてんてこ舞いのようであった。

こう言ってはなんだが、ねずみ取りだのシートベルトでパトカーを数台連ね、夥しい人数を割いて取締りや罰金取りに勤しむ気合いを防犯に回してほしい。
茨城県警は土浦での恥辱を、既に喉元過ぎたのであろうか?

多分当事者はやっているのだと口角泡を飛ばし喧伝するであろうが、現実に住民が不安にさいなまれているのである。
安全圏の確保、捜査の進捗、安全宣言などメールサービス等あるのだから大いに活用して、事件の沈静化と地域住民への安心化をはかるべきであろう。

ちなみに茨城県警も地元の警察署のHPにも、こんな住民が困っているのになんの情報も掲示されておりません。

トホホな状況だ。
福田首相は中小企業の発展景気の浮揚にはITが欠かせないなどと寝言を言っている。
的外れな寝言はたくさん。
国民の安全安心の確保にもITを活用して、まず、しっかと示してほしいですな〜





中小零細企業はゲリラ営業でしょ
・低コスト高効率なゲリラ手法とは?
・ライバルの知らない販売手法とは?

http://www.eNirvana.biz




気になったもんで

  • 2008.04.07 Monday
  • 14:55
どうおもいます?
この記事の書き方

議員の息子さんが天晴れなのは良いとして、議員の紹介がマラソン好きとか宮崎の知事の事って関係ないし、なんかチグハグな記事ですよね







営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz



マミズクラゲ発見!

  • 2007.09.21 Friday
  • 08:03
月に数回。
なんとも疲れた時や怠くてダメな時なんかに気晴らしと言うか、仕事やら何やらで頭がグルグルの時などにヘラブナ釣りの真似事をします。
真似事とは、ヘラの場合やたらとこだわる方が多く、ヘラ釣りしますなんていったら、やれ浮子は何が良いの、竿は竹竿でどうのこうの、専門用語並べ立てる手合が多く閉口。
実に安直に鮒釣りの練り餌版として小学生並みの意識でやっていると困る事暫し。
だから、ヘラブナ釣りしてますなどはほとんど口にしません。

とはいえ、この釣りは究めて良いんです。

あれこれ、思い詰めちゃったり、堂々巡りで疲れた気分を一新してくれます。

なぜなら、この釣りは、ひたすら浮子とにらめっこなんです。
些細な動きで機敏に反応しないと全く話にならない釣りなんで、浮子を凝視です。
全く余計な事考えられません。
半強制です(^^ゞ

これが極めて在り難いんです。

で、怠くて疲れて億劫でもやおら出かける事になります。

ま、夕方1時間半〜2時間半でしょうかね
近所の那珂川か溜池でやってます。


前置きが長くなりましたが、先日19日に夕方久々のお出かけを敢行。

サッパリ合わせが出来なくって居ると水面にフワフワ気になるものが・・・
我眼をウタゴウバカリ!
ナントクラゲ!

オイオイ田んぼの間の溜池だぜ!
ナンデ居るんだよ?
ってのが最初の感想。

気のせいと思っているともう一匹流れてきた。
そこで釣りはやめて、クラゲすくいとなった。
ハタから見ればこっけいな姿でしょうな〜(^^ゞ

ま、それで数匹つかまえて、大洗水族館へスグサマ問合せ。
携帯から検索出来るって凄いな〜なんて思いながら、電話すると「マミズクラゲ」とのこと。
早速、翌日お届けする事に。

ま、私も営業・販促を実践・布教?するマーケッターの端くれです
このネタを使わない手は無いと思い、当日の夜10時過ぎに酔った目をこすりながら、久々のリリースを作って流した。

翌朝一番で来たのが、読売さん!!
ビンゴ!ですね

大洗水族館の芝さんの極めて詳しい説明を受けておおいに感動しながら取材を受けました。
それが下記です(^^ゞ

ちょっとニュアンス違うとこ在りますが、ま、面白いですね。



池にクラゲ 那珂で釣り人発見

淡水生息のマミズクラゲ アクアワールドに寄贈


アクアワールドに寄贈されたマミズクラゲ


  淡水に生息するマミズクラゲを、ひたちなか市堀口の自営業佐藤久彰さん(38)が発見し、20日、アクアワールド県大洗水族館(大洗町)に4匹を寄贈した。同水族館は「生態がまだ、よくわかっていないので、今後の研究に役立てたい」としている。
 佐藤さんは19日、那珂市内の池でヘラブナ釣りを楽しんでいたところ、水面に白いふわふわした生き物が漂っているのに気づいた。「淡水の池にクラゲがいるとは思ってもいなかった。釣り上げて見たら、クラゲだったので驚いた」

 同水族館に問い合わせてマミズクラゲだと判明した。同水族館によると、マミズクラゲは中国が原産で、日本には水草などにくっついて入ってきたらしい。透き通るような白い傘を持ち、体長約1・5センチ。淡水に生息するクラゲは3種類しかいないとされ、同水族館魚類展示課主任の芝洋二郎さんは「国内でぽつぽつと発見例はあるものの、いつどこに出没するか、わからない神出鬼没な生き物」と話す。過去に発見された時も突然、大量発生したかと思うと、翌年は全く発見されなかったりと、生態は謎のベールに包まれている。今のところ、展示の予定はないが、繁殖に成功したら展示する可能性もあるという。

(2007年9月21日 読売新聞)




ちなみにマミズクラゲ
スッゴク珍しい生き物です

気化生物などと言って、卵の状態で風に飛ばされてある年、様々条件が重なって発生するらしいです。
その発生のパターンはおろか、どこで発生するかも全く予測不可能だそうです。
更には、今年発生しても来年発生する事も無いそうで神出鬼没らしい。

うううう〜ん
これは吉兆、瑞兆でしょうか

良い事ありそうですね〜




営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz



4歳少年が風船で文通相手探し、届いた先は英女王

  • 2007.06.11 Monday
  • 14:29


4歳少年が風船で文通相手探し、届いた先は英女王

2007年 05月 31日 19:56 JST
[ロンドン 30日 ロイター]

 英国の4歳の少年が文通相手を探すために風船を飛ばしたが、風船が届いた相手はエリザベス英女王だった。デーリー・メール紙の報道によれば、ロンドン西方のハンプシャー州に住むトム・スタンコム君は、外国の文通相手を探そうと、メッセージを付けたヘリウムガス入りの風船を飛ばしたが、その風船はわずか32キロ先のウィンザー城に落ちたという。

 女王は執事に返事を書かせ、トム君は両親に手伝ってもらいながら、何度か手紙のやり取りをしたという。執事からの手紙には「(女王は)あなたの風船がはるばるウィンザー城の庭まで届いたことを喜んでいます」と書かれていた。

 トム君の父親は手紙のやりとりがさらに続くと思うか尋ねられると、「もう手紙は来ないだろうと思いますが、わざわざ返事をくれたことそのものが信じられません」と答えた。



なんとも良いですね〜
牧歌的と言いますかホノボノ感が良いですね

世知辛いツマランニュースが跋扈する中で、風船で文通相手を探すってところで、もういけません。感動の入り口で歓喜の声をあげそうになります。
で、物語性抜群な、よりによって英国女王に届くだなんて・・・
素敵ですな〜
なんか昔話の一説のようであるが、まさにキョウビの出来事ってのが感動を倍加させますね

ボクもですね、近所の川行って、小瓶に手紙を入れてフタをして放り投げて見ようかな〜
素敵な出会いがあったりして・・・

いやいや、実行する前にゴミになるだろうとかその辺のテトラに引っかかって、近所の人に見つかったらどうしようかしらとか、はたまた河口から近いから汐の加減で行ったり来たり、海まではでないだろうな〜
などと、しないうちからあれこれ反動分子が脳内を駆けめぐっています

これではいけません
やはり心が綺麗でないと美しい結果は望めないのかもしれません・・・反省





商品力、技術だけでは売れない
・根性や努力では食えない!
・あなたが稼ぐための具体的・営業手法とは?

http://www.eNirvana.biz


非常に衝撃的なニュースの多い日

  • 2007.05.28 Monday
  • 16:07
「負けないで」など名曲残し、ZARD坂井泉水さんが急死
5月28日  読売新聞

 人気ポップスグループ「ZARD(ザード)」のボーカリスト坂井泉水(いずみ)さん(40)が、入院先の東京都内の病院で死亡していたことが、28日明らかになった。

 警視庁四谷署によると、26日午前5時40分ごろ、坂井さんが慶応大病院(新宿区)の病棟脇の地面にあおむけに倒れているのを通りがかった人が発見した。
 坂井さんは、後頭部を強く打っており、同病院で手当てを受けていたが、27日午後、死亡した。

 同署によると、坂井さんは避難用スロープ(高さ約3メートル)から転落したとみられ、事故死と自殺の両面で調べている。争った形跡はなく遺書もなかった。


なんか非常に衝撃的なニュースの多い日だ。

現職閣僚のそれと、このZARDの坂井さん。

ZARDの「負けないで」は非常に思い入れがあるのだ。

私が卒業後に初めて入った会社はいわゆる販売会社。
ひたすらの訪販で、足で稼ぐ根性根性の会社。
新人研修の仕上げが、千葉県の千倉町周辺での飛び込みでの訪問販売。
1ヶ月前まで朝まで酒飲みみばかりしていたのが一転、朝から見知らぬ土地で地図渡されて車下ろされて歩ってこい、と放り出される。

当時はNTTのホームテレホンを売った。

で、合宿をしていた宿に戻り、夜になり解放されると仲間であれこれ話が違うなどと談義が始まるが、そこで合言葉のように同期の皆で聴いたのがZARDの「負けないで」だ。
ま、内容は恋愛の歌であるが、彼女が遠くにいるなど皆事情もあり、この曲には実に励まされた。

最近の消息は知らなかったが、励まされて元気を貰っていたのに、その坂井泉水さんの突然の逝去の報はあまりにも衝撃的で暫し呆然としました。

ただただご冥福をお祈りいたします

合掌





営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

pop in

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

古今亭志ん朝 特選独演会
古今亭志ん朝 特選独演会 (JUGEMレビュー »)
古今亭志ん朝
話芸の粋。小気味の良い江戸弁の啖呵、様々な芸に裏打ちされた身のこなし、笑いは当然、うならせ、涙させ30分で心の洗濯できちゃうというありがたいお話と芸の詰め合わせ。至福の時が過ごせますぜ。

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM