4歳少年が風船で文通相手探し、届いた先は英女王

  • 2007.06.11 Monday
  • 14:29


4歳少年が風船で文通相手探し、届いた先は英女王

2007年 05月 31日 19:56 JST
[ロンドン 30日 ロイター]

 英国の4歳の少年が文通相手を探すために風船を飛ばしたが、風船が届いた相手はエリザベス英女王だった。デーリー・メール紙の報道によれば、ロンドン西方のハンプシャー州に住むトム・スタンコム君は、外国の文通相手を探そうと、メッセージを付けたヘリウムガス入りの風船を飛ばしたが、その風船はわずか32キロ先のウィンザー城に落ちたという。

 女王は執事に返事を書かせ、トム君は両親に手伝ってもらいながら、何度か手紙のやり取りをしたという。執事からの手紙には「(女王は)あなたの風船がはるばるウィンザー城の庭まで届いたことを喜んでいます」と書かれていた。

 トム君の父親は手紙のやりとりがさらに続くと思うか尋ねられると、「もう手紙は来ないだろうと思いますが、わざわざ返事をくれたことそのものが信じられません」と答えた。



なんとも良いですね〜
牧歌的と言いますかホノボノ感が良いですね

世知辛いツマランニュースが跋扈する中で、風船で文通相手を探すってところで、もういけません。感動の入り口で歓喜の声をあげそうになります。
で、物語性抜群な、よりによって英国女王に届くだなんて・・・
素敵ですな〜
なんか昔話の一説のようであるが、まさにキョウビの出来事ってのが感動を倍加させますね

ボクもですね、近所の川行って、小瓶に手紙を入れてフタをして放り投げて見ようかな〜
素敵な出会いがあったりして・・・

いやいや、実行する前にゴミになるだろうとかその辺のテトラに引っかかって、近所の人に見つかったらどうしようかしらとか、はたまた河口から近いから汐の加減で行ったり来たり、海まではでないだろうな〜
などと、しないうちからあれこれ反動分子が脳内を駆けめぐっています

これではいけません
やはり心が綺麗でないと美しい結果は望めないのかもしれません・・・反省





商品力、技術だけでは売れない
・根性や努力では食えない!
・あなたが稼ぐための具体的・営業手法とは?

http://www.eNirvana.biz


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

pop in

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

古今亭志ん朝 特選独演会
古今亭志ん朝 特選独演会 (JUGEMレビュー »)
古今亭志ん朝
話芸の粋。小気味の良い江戸弁の啖呵、様々な芸に裏打ちされた身のこなし、笑いは当然、うならせ、涙させ30分で心の洗濯できちゃうというありがたいお話と芸の詰め合わせ。至福の時が過ごせますぜ。

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM