儲けを増やす!―売上が伸びても利益がなければ意味がない! 1

  • 2007.07.26 Thursday
  • 06:36
これから数回に渡り、利益の確保と売上の確保、つまり粗利に着目した低コスト高効率な営業の眼目について、私共が毎日接する10〜15人以下の企業さんとのやり取りで見えてきた対策の一端をご披露しましょう
ナニガシカのお役に立てば幸いです

▼ 儲けを増やす

「稼ぐに追いつく貧乏なし」

経理に穴が空いていないのであれば稼ぐこと、つまり儲けを増やすにあたっては営業の強化を「いの一番」に検討されるべき課題でしょう。

 従来ですと、営業力の強化の場合、「営業マンを雇う」と言うのが常道で、ある時期まではこれでかなり数字が稼げたのも事実です。
この新人営業マンを活用して新規のお客さんの開拓をする、あるいは既存のお客さんを回らせて取りこぼしのない営業体制を構築されたことでしょう。
しかし、最近の営業事情はご承知の通り厳しいものです。
新規の獲得は至極難しく、門前払いは当たり前でキーマンたる人物に当たることすら困難です。そして既存のお客さんもうっかりするとさらわれます。
すると、せっかく営業マンを新規で入れても数字は上がるどころか、1ヶ月片手程度はかかる経費は大きな足枷になりかねません。
そこで従来の戦力を維持したままで、営業を見直し新たな仕組みの導入を図り、新規の儲けを獲得しなければなりません。

まずは、かつての手法が上手く行かない理由を模索して行きましょう
次回に続きます



営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

pop in

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

古今亭志ん朝 特選独演会
古今亭志ん朝 特選独演会 (JUGEMレビュー »)
古今亭志ん朝
話芸の粋。小気味の良い江戸弁の啖呵、様々な芸に裏打ちされた身のこなし、笑いは当然、うならせ、涙させ30分で心の洗濯できちゃうというありがたいお話と芸の詰め合わせ。至福の時が過ごせますぜ。

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM