▼かつての営業 2

  • 2007.08.05 Sunday
  • 08:11
▼かつての営業

?浪花節
?根性
?GNP(義理・人情・プレゼント)
?接待攻勢

これらが常套手段でしょう。
私自身の経験もさる事ながら数百のお客様との相談の中で大同小異ここにつきるものと伺っております。読者の皆さんも概ねこのあたりに落ち着くのでしょう。
ところが、キョウビこれらの手法では到底数字は稼げないのが昨今の市場の状況だと言えましょう。

ではどうしたら良いのか?

従来の常套手段は、営業マンを新規に入れる事です

人件費は、なんだかんだコミコミで一人頭350〜500万円でしょうか。
スグ売れるとは限りません
教育や、なだめすかして、ガンバレと怒鳴る事も必要でしょう

かつてはこれで上手く行ったもんです

私も営業の端くれとして随分軒並み訪問販売で鍛えられました

しかし、現在は根性営業が効きません
玄関突破が難しすぎるんです
これは法人でも一緒です。

つまり、従来の決め手が一切効かないんです。
見込める売上もなく、経費ばかりがかさんでしまいます。

営業マンを新規で雇った営業戦術は一種の二律背反に陥ります。


そこで、低コストで人のかからない高効率な営業手法を考えなければなりません。

非常に虫の好い話ですが、あるんです。
ダイレクトマーケティングの活用です。
営業を志す者にとって忌まわしいDMです。
多くの方のお考えでは、DM=ゴミじゃないか!
と言われるのが落ちであることも重々承知しておりますが曲げて読んでいただきたい。





営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

pop in

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

古今亭志ん朝 特選独演会
古今亭志ん朝 特選独演会 (JUGEMレビュー »)
古今亭志ん朝
話芸の粋。小気味の良い江戸弁の啖呵、様々な芸に裏打ちされた身のこなし、笑いは当然、うならせ、涙させ30分で心の洗濯できちゃうというありがたいお話と芸の詰め合わせ。至福の時が過ごせますぜ。

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM