素晴らしい事業ですね!

  • 2007.08.25 Saturday
  • 11:43

東京湾浄化実験:水生生物を活用 28日、お台場海浜公園でPR /東京

8月24日 毎日新聞

 都港湾局は今年度から、カキをはじめ水生の動植物を活用した東京湾の水質浄化実験に取り組む。28日には、カキを水中につるすカーテンなどの実験施設を都民とともに作るイベントを「お台場海浜公園」(港区台場1)で開き、実験の意義をアピールする。
 都環境局によると、東京湾北西部は昨年度、有機性の汚れを示すCOD(化学的酸素要求量)で、環境基準を達成できたのは調査対象の4水域のうち1水域だけで、達成した1水域も基準の緩い近海部だった。
 東京湾には多摩川や荒川から生活排水や産業廃水が流れ込み、下水道の整備などで70年代に水質が改善されて以降は浄化が進まず、夏には赤潮も発生してきた。
 このため、実験は植物プランクトンなどを食べ、1個当たり1日に約400リットルの海水をろ過するというカキを中心に水生の生物・植物を集めて自然浄化能力の再生を目指す。都は今年度予算に事業費2000万円を計上し、09年度まで3年間にわたり実験を続けて効果をはかる考えだ。
 計画では、同公園の海水面に10メートル四方のいかだを浮かべ、宮城県産のカキ4万個を水中につるす。カキの排せつ物を摂取するナマコを放流し、海底には光合成で酸素を生むアマモなどの植物を植え付け、魚が住み着く環境も作り出す。
 28日のイベントは、実験施設作りのほか、同公園に生息する魚に触れるプールが設けられたり、カヌーに乗って実験水域を巡る体験活動も企画されている。開催時間は午前10時〜午後4時。問い合わせは、都港湾局港湾整備部計画課(03・5320・5613)へ。【木村健二】

8月24日朝刊




どうもこの3週間ばかり疲れる事があってゲンナリでした
全くもって不愉快でして・・・

ま、ようやく少し持ち直したところなんです

さて、今朝のこのニュースは良いですね
実に素晴らしいなと大いに感心しきりです

ま、当局のやる事に提灯を提げる事は潔しとはしないひねくれ者ではありますが、この発想と内容には大いに拍手喝采であります。
その昔営業で北海道に行った際のホタテ養殖。
三陸での、山を肥やしてからの牡蠣やほたて、ホヤの養殖。
これらの業者さんの話では貝類の浄化能力と言うものが、以下に素晴らしいものであるかをとくとお聞きしました。その中では山も川も海の豊かさも皆つながっているんだと、言うことも力説されておりました。

その後で、東京都によるこのような意欲的な取り組みをされると言うのは、大いに嬉しいですね
昨今行政のやる事なす事腹の立つ事ばかりで、忌忌しさに精神疲労の大きな原因ではないかと大いに疑っているところではあったが、溜飲が下がるような清々しいニュースですね。

貝と言う生き物を見直すきっかけにもなりますね

是非我郷土茨城の霞ヶ浦や北浦の水門問題を含め、水を見直すキッカケになればいいなと切に思います。

いや〜、素晴らしい事業です。大いなる成功とその後の報道を大きに期待しております。




営業を「足で稼ぐ」は大ウソだッ
・ナゼあなたは契約を取れないのか?
・売れない理由ポイント5と売れる理由ポイント3とは?

http://www.eNirvana.biz



コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

pop in

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

古今亭志ん朝 特選独演会
古今亭志ん朝 特選独演会 (JUGEMレビュー »)
古今亭志ん朝
話芸の粋。小気味の良い江戸弁の啖呵、様々な芸に裏打ちされた身のこなし、笑いは当然、うならせ、涙させ30分で心の洗濯できちゃうというありがたいお話と芸の詰め合わせ。至福の時が過ごせますぜ。

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM